プライベートレーベルのランドセルの口コミ・評判!

プライベートレーベルの口コミ評判

女性に人気のファッションブランド「プライベートレーベル」が提案するランドセル。
エレガントな雰囲気のデザインが特徴で、おもに女の子に人気のランドセルブランドです。

公式サイトや店舗などは持たず、百貨店やデパートを中心に販売を行っています。
イトーヨーカドーでは「プライベートレーベル」のランドセルを定番化し、オリジナルモデルとして販売しているのも特徴。

ここでは身近な場所で購入することができる「プライベートレーベル」のランドセルの、人気モデルをご紹介します。
「プライベートレーベル」の気になるアレコレについてもご紹介するので、ラン活の参考にしてみてくださいね。

プライベートレーベルおすすめモデルランキング!

1.【イオン】プライベートレーベル スウィートリボン

【イオン】プライベートレーベル スウィートリボン

本体と同系色のラインとリボンがさりげなくかわいさを演出する大人っぽいデザイン
プライベートレーベル スウィートリボン

通常価格:70,000円(税込)
SALE価格:65,450円(税込)
カラーバリエーション:全5種類

シンプルだけどところどころに女の子らしいかわいさをちりばめた、上品さとかわいさを兼ね備えたランドセル。
かぶせには、本体と同系色のラインとリボンが施され、さりげないおしゃれを演出。
かぶせを開くと、淡いピンクで統一されたキュートな内装がパッと目に入ります。
前段ポケットはクッキーのようなデザインの窓と、リボンモチーフのファスナーチャームがとってもかわいいですね。

主素材 人工皮革
重さ 1,280グラム前後
カラー エクリュキャメル、ピュアラズベリー、ノーブルラベンダー、アイスミント、ペールグレー
6年間保証 有り

2.【イトーヨーカドー】プライベートレーベル プリティリボン

【イトーヨーカドー】プライベートレーベル プリティリボン

本体と違うカラーを採用したベルトやリボンがさりげないかわいさをプラス
プライベートレーベル プリティリボン

価格:79,200円(税込)
価格(パールホワイトのみ):83,600円(税込)
カラーバリエーション:全10種類

ランドセル本体とバイカラーをベルトとかぶせのラインとリボンに採用した、上品さとかわいさを感じる女の子らしいデザインの、イトーヨーカドーオリジナルランドセル。
バイカラーがシンプルなランドセルのアクセントになっていて、ただシンプルなだけじゃつまらない、と感じている女の子にぴったりです。
定番とはひと味違う落ち着いた色味も魅力で、大人っぽい雰囲気も感じられますね。

主素材 人工皮革
重さ 1,280グラム前後
カラー サックス、ラベンダー、ローズベージュ、ブーケプラム、オリエンタルブルー、ネイビー、ミントグリーン、キャメル、ルージュ、パールホワイト
6年間保証 有り

3.【イトーヨーカドー】プライベートレーベル ノクターン

【イトーヨーカドー】プライベートレーベル ノクターン

シンプルのなかにかわいさをぎゅっと詰め込んだ猫をモチーフにしたランドセル
プライベートレーベル ノクターン

通常価格:85,800円(税込)
カラーバリエーション:全2種類

「プライベートレーベル」らしい上品なリボンモチーフはそのままに、サイドや内装に猫の刺繍を施した、より愛らしいデザインのランドセルです。
定番のシンプルなランドセルも良いけれど、さりげないかわいさをプラスしたこちらのモデルは、より女の子らしさを感じられるはず。
かぶせの裏はちょっとシックに、ダークカラーを採用しているのもギャップがあって良いですね。
こちらもイトーヨーカドー限定モデルです。

主素材 タフガード
重さ 1,380グラム前後
カラー ローズ、バニラ
6年間保証 有り

4.【大丸松坂屋】プライベートレーベル チャームリボン

【大丸松坂屋】プライベートレーベル チャームリボン

かぶせのラインとリボンがバイカラーになったシンプルでかわいいモデル
プライベートレーベル チャームリボン

通常価格:88,000円(税込)
カラーバリエーション:全6種類

シンプル・かわいい・上品・大人っぽい、女の子がランドセルに求めるすべての要素をギュッと詰め込んだ、魅力的なランドセル。
「プライベートレーベル」の代名詞といってもいい、かぶせにデザインされたラインとリボンは、ランドセルの本体とは微妙に色味の違う同系色を採用しているのもポイントです。
内装はランドセルの色に合わせて、ピンク系・ブルー系・ホワイト系の3色を採用。
内装まで可愛さにこだわっているのも「プライベートレーベル」ならではです。

主素材 人工皮革
重さ 1,280グラム前後
カラー チャームピンク、チャームブルー、チャームホワイト、チャームミント、チャームルージュ、チャームパープル
6年間保証 有り

5.【高島屋】プライベートレーベル(牛革モデル)

【高島屋】プライベートレーベル(牛革モデル)

かぶせと本体に牛革を採用したシックで高級感のあるランドセル
プライベートレーベル(牛革モデル)

通常価格:101,200円(税込)
カラーバリエーション:全4種類

ランドセルの素材にもこだわりたい、という人におすすめなのが牛革のモデル。
かぶせと大マチ部分に牛革を贅沢に採用し、しなやかな質感にこだわり高級感を演出しています。
ランドセルに使う金具はゴールドで統一し、シックな色味のランドセルによく似合います。
本体カラーは、高学年になっても使いやすい落ち着いた4色ですが、内装は女の子がワクワクするような、ポップなデザインになっているのも魅力ですね。

主素材 牛革
重さ 1,380グラム前後
カラー ネイビー、ワイン、キャメル、ルージュ
6年間保証 有り

プライベートレーベルのランドセルに関するQ&A

プライベートレーベルのランドセルはどこで買える?

「プライベートレーベル」のランドセルは、おもに百貨店やデパートでの取り扱いとなっています。
百貨店だと髙島屋三越伊勢丹、デパートだとイトーヨーカドーイオンなどでの取り扱いがあるようです。

また、百貨店やデパートのオリジナルモデルを提案していることもあります。
似たようなデザインですが絶妙に違うので、細かいところまでチェックするのがおすすめです。

百貨店やデパート以外では、数は少ないですが、楽天市場などでもいくつかのモデルを確認することができます。
百貨店やデパートなら、気軽に試着ができるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

プライベートレーベルのランドセルにコードバンはないの?

ランドセルの素材といえば、馬のお尻の革・コードバンと牛革、それにクラリーノなどの人工皮革の3つが代表となりますよね。
できればランドセルの素材にもこだわって選びたい、と考える親御さんも多いのではないでしょうか。

残念ながらコードバンのランドセルの取り扱いはなく、「プライベートレーベル」のランドセルは、人工皮革が素材の中心となっています。
一部のモデルでは、クラリーノのタフガードという素材を使っているものもありますが、多くは「人工皮革」としか記載されておらず、詳しい素材はわかりません。

また、高島屋では牛革を採用したランドセルを提案しています。
高級感があるものの、価格はほかのモデルに比べて高くなっているので、いろいろ見比べてみてくださいね。

プライベートレーベルのランドセルはどこで作られているの?

「プライベートレーベル」のランドセルは、自社制作のランドセルではなく、ほかのメーカーとの提携で生産しているランドセルブランドです。
イトーヨーカドーの限定モデルのランドセルは、ランドセルメーカーの老舗「加藤忠」が手掛けていることもあり、毎年注目されています。

ほかのモデルに関しては、どのメーカーが作っているかは公表されていませんが、どれも日本製となっているので、安心して購入できますよ。

男の子向けのランドセルはないの?

「プライベートレーベル」のランドセルは、デザイン性が高くおしゃれでスタイリッシュなものが多いので、「男の子向けのランドセルはないのかな?」と思っている、男の子のパパママもいるかもしれませんね。

もともと「プライベートレーベル」というブランド自体が、女性向けのファッションブランドということもあり、残念ながらランドセルのラインナップも、女の子向けのものだけとなっています。
ネイビーなど男の子でも使えそうな色を採用していますが、リボンが付いているので、男の子にはあまり向かないかもしれません。

ランドセルが故障したらどうしたらいい?

どのメーカーのランドセルもそうですが、負担がかかりやすい肩ベルトやランドセルの底などは、故障しにくいようにしっかり縫われているものがほとんど。
しかし、ランドセルは6年間毎日使うものですから、もしかしたら壊れてしまうことがあるかもしれません。

「プライベートレーベル」はメーカー直販ではないため、壊れた時のことも心配ですよね。
もしランドセルが壊れたら、基本は購入した店舗に問い合わせをします。

購入した店舗によって、修理依頼の方法が異なります。
持ち込みがOKの店舗や、電話などで依頼したのち発送する店舗などがあるため、まずは電話などで問い合わせてみることをおすすめします。

まとめ

上品でエレガント、かわいさもしっかり感じられる、女の子向けのランドセルを提案している「プライベートレーベル」。
かぶせに施したラインとリボンが、さりげなく可愛らしさを演出してくれますね。

シンプルなランドセルが良いけど、かわいさも忘れたくない、という女の子は、ぜひチェックしてみてくださいね。
おもに百貨店やデパートで取り扱っているので、気軽に試着をしに行ってみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA